2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あうえお。5

こんばんわっ

最近、お昼寝できるって最高だな と思った。

朝、寝過ごしはしないんですけどお昼ご飯食べて2時ごろになると眠くなる。

駄目だなーっておもってもついだらけちゃう

気付いたら寝てるし目が覚めたら1時間程経ってるし。

でも、こんなのも偶にはありだよねっ

と自分に言い訳を聞かせる今日この頃です。

続きはまたしてもどうでもいいお話。

基本的に何か作るのが好きなんです。

いくら時間がかかっても放っといたら完成するまでだらだらやり続けます。

そんな人間。


の作る今夜の一品は、豚の角煮。

中国のお料理の東坡肉(トンポーロー)ってのが日本に渡って変化したものだとか。

解かりやすい例を挙げると沖縄のラフテーですな。

なんか最近お料理ブログみたいになってるけどいいよね、今月しか出来そうにないし。

結構簡単に出来るのです、でも時間があるときにやりたいお料理です。

先ずは豚の三枚肉を5㎝角ぐらいに切ってフライパンで色がつく位に焼きます、

中まで火ぃ通しちゃ駄目ですよ、

ほんでお鍋にお肉がつかる程度の水と葱の青い部分、生姜1カケくらいいれましょ。

生姜と葱さんはお肉の臭みとりに。そんで120分程中火で煮る。落し蓋も欲しいところ。

その間に大根を半月切り、ほんで面取りもしときます。荷崩れを防ぐので結構重要。

そんで昆布と一緒に下茹で。軽く芯が残る位が俺のお好みです。

お箸でさしてもスッと入る位がいい感じって聞いたことがありますです。

因みに下茹では大根さんの独特の辛味を取ってくれたりします。凄いぜ下茹でっ。

そんで粗熱を取るために外に放置。なんてことは無いですが冷たいところに。

冷ますと味が沁み込みやすいらしいです。


んあー、頭痛くなってきたので此処から割愛します。

別の鍋に水、酒、昆布だし入りつゆ、砂糖、醤油ぶっこんで豚と大根煮込めばかんせいです。

20090218125322.jpg

小松菜さんは別で茹でた奴、ちょっと味がこゆかったので、後色もほしかったし。

味はそこそこ、肉も箸で砕けたし、脂身のところは鍋から引っ張り上げようとするだけで崩れそうでした、

まあ1日かけて煮込めればそうなりますわな。

肉より大根が美味いって感じるのは年取った証拠でしょうか。

今日もこの辺で

みょーん。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverfadetogrey.blog85.fc2.com/tb.php/247-1b2d4e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほんと、あーあ。 «  | BLOG TOP |  » あうえお。4

プロフィール

御柳 ときどき とてゆ

Author:御柳 ときどき とてゆ
きのこおんらいんの椛の木の下で人知れず活動していた気がするヒーロー
大体9chにいたりいなかったり

ox御柳xo 

見つけたら声でもかけてやってくださ、い・
きっと何かが起きます

 ※只今お休みちゅう。

リンクはフリーで
相互の時は気軽にコメントしてくださいな、

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

かうんたぁ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。